引越しの挨拶状のはがき

引越しの挨拶状

最近では何でもメールで知らせることが多くなっていますが、新しい生活の始まる、新居のお知らせ位ははがきやお手紙で出してみてはいかがでしょう。
お世話になっている方や親戚、友人などに引越しの挨拶状を出す際の注意点を考えてみましょう。

 

挨拶状の注意点

まず必ずしも手書きで一枚一枚書く必要はないでしょう。
基本的な文面は印刷でかまわないと思います。
住所などは確実に伝えたいものですから、逆に印刷されたものの方が良いかもしれません。
ただし、何かしらひとことを手書きで添えるとより良い印象になりますよ。

 

親しい間柄であればメールや電話で済ましてしまうのも良いでしょう。
しかし目上の方やお世話になった方に対してはやはりはがきで出すべきでしょう。
中にはメールでの引越しの挨拶は失礼と感じる人もいらっしゃいます。
友人にはメールで、目上の方にははがきで、といった使い分けをするのも良いかもしれませんね。

 

挨拶状の文例

基本的な流れは
・時候のあいさつ
・相手を気遣う言葉(お変わりございませんかといった簡単なもので大丈夫です)
・転居しましたというお知らせ
・今後のお付き合いをお願いする
・結びの言葉
・日付(なくても良いですが、転居日にしてくのが普通)
・新住所
・氏名
といった感じです。

 

様々な人に出すのであれば間柄を問わない文面を心がけるようにしましょう。
文中には新居の様子や新居周辺の情報を盛り込むとより良いでしょう。
今後のお付き合いをお願いする言葉は、「お近くにお寄りの際は是非一度お立ち寄り下さい」といった、新居への歓迎の言葉をつづりましょう。

 

引越しの挨拶状を出すタイミングは?

引越しの片付けや新生活で忙しいでしょうが、引越しから1ヶ月以内には出したいものです。
逆に2ヶ月以上経ってしまうと場合によっては失礼ととらえる人もいるかもしれません。
また、時期的にかぶるのならば、年賀状や暑中見舞いと兼ねて転居をお知らせしても構いません。
さらにはお中元やお歳暮と併せて、という方法も良いですが、その際ははがきサイズのポストカードなどで封入する形にすると良いでしょう。
意外と年賀状などで住所を管理している人は多いものなのです。

 

業者に頼む

挨拶状を出す相手が沢山いる場合、自分で準備するのは結構大変です。
そうでなくても新居ですからやることが多い時期です。
そこで年賀状のように業者に頼むことも考えても良いでしょう。
さらに手間を省きたいのであれば、引越し業者が挨拶状を手配してくれるところもあります。
クロネコヤマトやサカイ引っ越しセンターなどでは挨拶状の手配も頼むことが出来ますよ。