引越しの時に雨や雪が降ったらどうするの?

悪天候での引越し

引越しを順調にこなすためにも天候は大きな影響力を持っています。
雨や雪の中の引越しは最高に大変です。

 

しかし引越しの日にちは比較的早いうちから決めるもの。
なかなか天気の良い日を選んで引っ越すという訳にはいかないものです。

 

そこで、もし引越し当日が悪天候だった場合にも対応できるような準備をしておきましょう。
当日になっても慌てないことがポイントです。

 

引越しの雨対策

まずその前に、雨の場合に引越しのキャンセルや日程変更が可能かどうか確認しておきましょう。
引越し業者はどんな悪天候でも引越しすることが出来ます。
しかし「大雨の中引越しをしたくない!」となることもあります。
そういった場合のキャンセル料や日程の変更はどういった条件になるかを確認しておきましょう。
一般的に悪天候でのキャンセル料は運賃の10%〜20%程度でしょう。
しかし台風や警報が発令されるほどの悪天候の場合はこの限りではありません。

 

さて雨の中引越しを決行すると決まりました。
当然ですが、ダンボールなどは濡れる可能性が高くなってしまいます。
そのため梱包する時点から水濡れ対策をしておくことが重要です。
特に濡らしたくないものなどはビニールなどで密封しておきましょう。
ダンボールは多少の雨ならば中のものは平気な場合が多いですが、引越しの過程で雨ざらしになることもあります。
もちろん業者もある程度の配慮はしますが、完璧ではありません。
絶対に守りたいものは自ら注意しておく必要があります。

 

ただし電気製品や精密機器など業者に言えば充分な配慮をしてもらえます。
自分で梱包した場合には外から見てハッキリ分かるように「水濡れ厳禁」などと書いておきましょう。

 

引越しの雪対策

雪もまた引越しには天敵です。
雪の日に引っ越さなければならない時の注意事項です。

 

・時間に余裕を持つ
雪によって交通状態が悪くなることがあります。
予定通りにトラックが到着しないこともあります。
時間に余裕を持ち、引越し業者とマメに連絡を取るようにしましょう。

 

・雪道用タイヤ
特に雪の少ない地域から雪の多い地域へ引っ越す際はタイヤに注意しましょう。
さほど積もっていなくても雪道をノーマルタイヤで走行するのは危険です。
雪国の人は非常に敏感にタイヤを交換しています。
チェーンのような一時しのぎのものでも仕方ありませんが、出来れば完全雪道仕様のタイヤを用意しておいた方が良いでしょう。

 

・水濡れ対策
大雨ほどではなくても荷物に雪が付き、それが溶けると濡れてしまいます。
ダンボールの中などでも濡れて困る物はしっかりと対策しておきましょう。