仏壇の引越しはどうすればいい?

仏壇ってどうやって運ぶの?

数ある家具の中でもその扱いが難しいもののひとつが仏壇ではないでしょうか?

 

単純に運ぶことだけを考えても大きさ的に苦労しそうですし、そもそも仏壇を動かすのには何かしなければいけないのでは?
などと様々なことが気にかかります。

 

仏壇の引越しについて考えてみましょう。

 

仏壇は引越し出来ない?

実は引越し業者では仏壇を運搬しないケースもあるのです。
やはり宗派によってしきたりがあったりとややこしい面が多いからでしょうか。
そうなると自分たちで運ぶしかないかもしれません。
小さなものでしたら車や公共機関を使っても運べるかもしれませんが、大きな仏壇となると大変です。
仏事などを気にするのであれば、仏壇専門の運搬業者にあたってみるのが良いでしょう。
仏壇の清掃などを併せて行なってくれるところが多いですよ。
他にも赤帽を利用する方法もあります。
しかしその際も「魂抜き」しておくように言われるようです。
魂抜きをしない場合には、お位牌などは自分たちで運ぶようになります。

 

宗派によって違いがある?

仏壇の移動には宗派によって違いがあることも多いようです。
一番良いのは檀家になっているお寺などに問い合わせてみることです。
一般的には移動の前に「魂抜き」をして、移動後に「魂入れ」をするようです。
お坊さんがお経を上げてくれますが、当然お布施などが必要になってくるでしょう。
お布施は当然決まった金額がある訳ではないので、相場も難しいですが、だいたい1万円〜3万円程度の場合が多いようです。
また宗教宗派によってはお布施の他に「お車代」や「茶湯料」といったものが必要になるそうです。
これらはお布施と一緒に「ひとつにまとめさせていただきました」とすれば良いそうです。
最近はズバリお寺に聞けばだいたいの相場を教えてくれます。

 

仏壇の引越しの注意点

仏壇の中には様々な飾り物がありますよね。
運び方はどうであれいったん全て外して引越し先で並べ直すことになります。
意外と並び順などが難しいものですので、事前に写真を撮っておくと良いですよ。
並べる時に簡単になります。
また、仏壇専門の業者ですと宗派ごとの並べ方なども把握していますので、全部おまかせで良いでしょう。

 

やはり大きなポイントは「魂抜き」「魂入れ」の仏事だと思います。
信仰の問題ですので本人次第でしょうが、やはりお寺に相談してみるのが最善だと思います。
中には「必要ないですよ」というお寺さんもあったりします。

 

最後に。
仏壇のサイズはしっかりと測っておきましょう。
意外と奥行きが深いので、新居で入るスペースが無い!なんてことにもなりかねませんよ。