引越し時のガラスの梱包はどうすればいい?

引越しの荷造り・ガラスの梱包

引越しでは自分で荷造りをする人も多いでしょう。
出来るだけ梱包も自分で済ませば、その分引越し費用を安く抑えることにもつながります。
しかし中には普段あまり梱包する経験のないものもあります。
ここではその中でも最も難易度が高いガラスの梱包についてご紹介します。

 

グラスやコップなどの梱包

家庭の中で多いガラス製品といてばグラスやコップといった食器類でしょう。
特にワイングラスなどの薄いガラス食器は丁寧な梱包が必要です。

 

・梱包材について
百円ショップなどで緩衝材や梱包材を購入するのも良いですが、梱包する量が多いと結構な費用となってしまいます。
そんな時は古新聞で代用することが出来ます。
大きさ的には半分の大きさで十分でしょう。
手でちぎっておけば準備完了です。

 

・円柱型のコップ
広げた新聞紙の真ん中に口を上に向けてコップを置きます。
そして端から新聞紙を折り曲げ、余った新聞紙をコップの口にねじ込んできます。
これを繰り返して完成です。
何重かにしてコップの中が新聞紙で埋まるまでやれば完璧です。

 

・取っ手付きのコップ
取っ手の部分は壊れやすいので、あらかじめ丸めた新聞紙をあてておきましょう。
その後新聞紙で梱包します。

 

・ワイングラス
ワイングラスのように下部に持ち手がついている部分も壊れやすいです。
まずは持ち手の部分に新聞紙をグルグル巻にします。
本体と同じ程度まで巻き付けてから、円柱型とおなじように梱包します。

 

・箱詰めの仕方
グラスやコップは意外と重さがありますので、小さめの箱に詰めるようにしましょう。
まずは底の部分に新聞紙を敷き詰めます。
その上にグラスやコップを立てて並べます。
隙間を新聞紙で埋め、動かないようにします。
最後に上部に新聞紙を丸めてクッションとします。
上部が空いているため重ねて詰めたくなりますが、破損のもととなります。
特にワイングラスは割れやすいなりますので注意です。
新聞紙とともにタオルなどの布類を詰めるのも良いでしょう。
中のグラスやコップが動かないようにするのがポイントです。
また、外には「割れ物」と赤などで大きく明記しておきましょう。

 

ガラステーブルやガラス扉など

ガラステーブルやガラスの扉など面積の広いものは業者に任せるのが最善です。
それでも自分でしたいのであれば、プチプチなどの緩衝材やダンボールなどを利用してしっかりと保護しましょう。
ただしこういったものは業者が分かっていた方が運ぶ際も安全です。
見積りの際や当日に「これはガラス製品」ということを分かりやすくしておきましょう。