転居後のクリーニングについて

引越しとルームクリーニング

引越しの際には退去後の部屋のクリーニングと入居前の新居のクリーニングの2回が必要になってきます。
特に賃貸の場合には、退去後のクリーニングが引渡しの時の査定に響いてきます。
出来るだけ綺麗にして部屋の修繕費などを抑えたいものですよね。

 

自分で掃除する場合

自分で掃除する場合にはキチンと計画を立てておかないと面倒なことになります。
特に掃除道具に関しては、後から別に運ぶ必要も出てきます。
必要最小限のもので掃除出来るように考えておきましょう。
また、退去後→掃除→新居の掃除→荷物の搬入という流れで考えていると、荷物が早く着いた場合に搬入を待たせることになってしまいます。
出来れば新居の掃除は事前に済ませておいた方が良いでしょう。
入居前の家や部屋はある程度綺麗になっているはずですから、それほど時間はかからないと思います。
前日などに済ましておくのも良いでしょう。

 

引越し業者に依頼する

退去後のルームクリーニングを請け負ってくれる引越し業者もあります。
もちろん簡単な掃き掃除などはどこの業者もやるかもしれませんが、本格的なクリーニングをしてくれるのです。
これなら自分は立ち会わずともお任せすることが出来ますね。
道具の心配も要りません。
何より自分でやるより綺麗にしてくれるのですから願ったり叶ったりです。

 

ルームクリーニング業者に依頼する

完璧なクリーニングを考えるのであればルームクリーニング専門の業者を依頼するのも良いでしょう。
通常では落とせないような汚れも解決してくれます。
引渡し時にも「どうだ!」という美しさで立ち会うことが出来ますよ。
ただし、タバコのヤニなどで汚れた壁紙などは張替えたりしない限り綺麗にはなりません。
リフォームするような金額を払うのであれば、素直に修繕費を負担した方が面倒が無いかもしれません。

 

・不動産屋対策
賃貸などで退去時にクリーニング代が必要となっている場合も多いかと思います。
ルームクリーニング業者に頼むのであれば、事前に不動産屋に相談し、部屋の原状回復は自分で行うことを告げておきましょう。
さらにルームクリーニングの後の状態を確認して貰うと良いでしょう。
自分でルームクリーニングを頼んだのに、さらに不動産屋からクリーニング代を請求されるようなことは避けたいものです。
また、このやり方でルームクリーニングを自分自身で行えば費用を抑えることが出来ます。
ただし誰が見ても綺麗といえる状態まで回復させることが必要です。
掃除に自信のある人は挑戦してみてはいかがでしょう。