引越しの際のぬいぐるみ

ぬいぐるみの引越し

さて引越しとなると色々と不要品を処分する良い機会なのですが、処分に困るもののひとつにぬいぐるみがありますよね。
UFOキャッチァーなどでいつの間にかごっそり溜め込んでしまっている人も多いのではないでしょうか。
そのまま可燃ゴミとして処分することは出来ますが、何となく心苦しいのも確かです。
ここでは引越しの際のぬいぐるみの扱いについて考えてみましょう。

 

オークションで売ってしまう

「人の使ったぬいぐるみなんて・・・」と思うかもしれませんが意外と需要があります。
ただし人の手に渡るのですから出来れば洗っておきましょうね。
また、一体ずつ出品するよりも、ダンボールなどでまとめての方が買い手が付きやすいですよ。
まれにUFOキャッチャーの商品などは高値が付くこともあります。
もちろん年季物のテディベアとかアンティーク的な価値が付くものもあるかもしれません。
ただし引越しよりも早い時期に終了時期を設定しておきましょう。
落札者とのやり取りで時間がかかることもありますよ。

 

リサイクルショップで引き取ってもらう

買値にこだわれなければリサイクルショップで引き取ってくれる場合もあります。
大してお金にならなかったり無料で引き取られることも多いでしょうが、ただ捨ててしまうよりは精神的に楽ですよね。
もしかしたらどこかで誰かのお気に入りになってくれるかもしれません。

 

人形供養に出す

神社やお寺などで人形供養を受け付けてくれるところがあります。
思い入れの強い人形には魂が宿るなんていわれますよね。
ぬいぐるみに感謝しながらも別れを告げることが出来ます。
人形供養の費用はそれぞれ違いますし、明確な料金が無い場合もあります。
「お布施」という形になるでしょうが、だいたいの相場は教えてくれるお寺や神社が多いですよ。
また、宅配便などを使って人形供養を受け付けてくれるところもあります。
箱の大きさで値段が決まるようです。

 

ゴミとして出す

特にそんなことは気にならないという人はそのままゴミとして処分出来ます。
基本的に可燃ゴミとなるでしょうが、素材によって違ってきますので、各自治体で確認しましょう。
ぬいぐるみの飾り部分などは分別する必要もあるかもしれません。
またサイズの大きなものは粗大ゴミ扱いになりますのでこちらも要確認ですね。

 

引越しで活躍してもらう

処分する前に最後のひと仕事をしてもらってはいかがでしょう。
ぬいぐるみはサイズによってはダンボールの隙間を埋める格好の緩衝材になります。
処分は新居で落ち着いてからでも良いかもしれませんよ。