引越し時のパソコン周辺機器の運び方

引越しの際気を使うのがパソコンなどの精密機器ですよね。
とてもデリケートな機器なので、
引越し業社などでも保険の対象外になっているところが多いようです。
あくまで自己責任になってしまうので注意しましょう。

 

まずは、データのバックアップは確実にしておきましょう。
最悪本体に何かあっても、大事なデータだけは守ることが出来ます。
最近ではネット上にデータを保管出来るサービスも多いですよね。
大切な家族の思い出の画像や動画、
絶対に無くせないものはそういったところにも預けておくと、
万が一のときに安心ですよ。

 

さて、いざ梱包ですが、
本当は購入時に入っていた箱が一番適切です。
発泡スチロールなどもそのまま取ってあれば、
引越しの時には大変理想的です。
けれど場所を取ってしまうものなので、
捨ててしまっている方も多いでしょう。
基本的な梱包法をご紹介します。

 

まずは配線を外します。
この時色テープなどで目印を付けておくと、
再度配線するときに便利です。

 

本体の梱包にはプチプチなどの
緩衝材が望ましいです。
本体を緩衝材で何重かに巻きます。
この時、非帯電のものがベストです。
その上で毛布やバスタオルなどで包みましょう。

 

入れる箱は少し大きめのものを選び、
中に緩衝材を敷き詰め、本体を入れます。
さらに周りも緩衝材で埋め尽くして、
本体が全く動かない状態になるようにしましょう。

 

外付けのハードディスクなどの周辺機器も、
同じようにして厳重に梱包しましょう。
もし可能であれば引越し時自分で運ぶのも得策かもしれません。