転居さわぐな!引越しの不安解消法

転居さわぐな

おみくじの指針にも色々とありまして、「待ち人 来たり」ですとか「病気 日頃を気をつけよ」とかありますよね。

 

その中に「転居 さわぐな」というものがあります。

 

転居すなわち引越しをする際は、あれこれ騒ぎ立てず落ち着いてこなせ、といったところでしょうか。

 

まさに引越しの極意を言い当てているようなこの指針。

 

引越しの際はあれやこれやと気になってしまい、結局あたふたとしたまま新居での生活がスタートしてしまうものです。大げさに騒がず、スムーズに引越ししたいものですよね。

 

そこで引越しにまつわる不安ごとをひとつずつ解消してしまいましょう。
案ずるより産むが易しです。

 

引越しの不安

 

○お金の不安
引越しにかかわる費用はどれくらいだろう?
誰しも不安になるところです。
ここはひとつ引越しの見積りをしてみるのが得策です。
見積り自体は無料で出来ますので高かったら契約しなければ良いのです。
また複数の業者に見積もってもらうことで、本当の引越し費用の相場が分かってきますよ。
「ここは安い」とか「ここは高めだけで付帯するサービスが魅力」とか比較することで、正当な金額が見えてくるはずです。

 

○手続きの不安
引越しするとなると色んなところへ届出を出したり、手続きをしなければなりませんよね。
抜けがないか心配になります。
ここはキッチリと「やることリスト」を作りスケジュールを立てることで解消しましょう。
指差し確認のようにひとつずつ確実にこなしていけば、騒ぐほどのことはありませんよ。

 

○引越し先での人間関係が不安
特にご家族で引越しされるような場合、ご近所との付き合いがその後の生活に大きく影響してきますよね。
引越しの挨拶はどうしたら良いだろう?
子どもは学校で上手く馴染めるだろうか?
ご近所さんと仲良くなれるだろうか?
不安は山積みです。
一番の解消法は「とことん調べる」ことです。
人は知らないことに対して不安と恐怖を覚えるものなのです。
今はネットなどでも色んなことが調べられる時代です。
その土地の掲示板などで相談することも出来るでしょう。
上手くするとそこで新しい知り合いが出来るかもしれません。
また引越しの挨拶などの習慣については、大家さんや管理人さんなどに聞いてみる手もあります。
十分な下調べは不安感を軽減させます。

 

しかし実際は引越してみなければ分からないことの方が多いでしょう。
それでも不安を少なくし、前向きな気持ちで臨む方がより上手く対処することが出来るのです。
この辺りに「転居さわぐな」の本来の意味が隠されているのではないでしょうか?

 

ただし、お子さんの不安感に関しては親御さんがフォローしてあげましょう。
年齢にもよりますが、環境の変化は必ず子どもの心に影響を与えています。
闇雲に「大丈夫でしょ」と押さえつけるよりも、時には子どもの不安感に寄り添ってあげることも大切です。
新しい生活に不安や怖さを感じるのは当たり前のことであって、次第に慣れるものであるということを教えてあげましょう。