引越し業者にチップや心づけは必要?

日本ではチップを渡す習慣はありませんよね。
料金が明確であることは日本経済の良いところであるとも思いますが、何故か引越しの際には引越し業者にチップや心づけを渡す人が多いようです。

 

やはり引越し=新しい門出、ということで景気よくという縁起担ぎの部分が多いのかもしれませんね。新築の建前でもちをまくような習慣も影響しているかもしれませんね。

 

チップや心づけは気持ちしだいで!

結論から言ってしまえば、引越し業者にチップや心づけを渡す義務は全くありません!業者と私たちはお互い納得の上で費用を決めているのですから、それ以上に私たちがお金を支払う必要は全くないのです。

 

もちろんチップや心づけが無いからといってずさんな対応をする業者もありません。昭和の時代ならばともかくむやみに習慣にとらわれる必要は無いのです。しかし「一生懸命働いてくれた」「対応が非常に良くて気分が良かった」など、料金以上のサービスを感じたのであれば、チップや心づけを渡すことは良いでしょう。

 

昔ながらの習慣は守りたいという人も自分の意思で振る舞うことは誰にも文句を言うことは出来ません。あなたの素直な感情からくるチップや心づけは、業者のスタッフにとっても嬉しいものになるでしょう。

 

チップや心づけの相場はどれくらい?

では引越しのチップや心づけってどれくらいの金額を渡すものなのでしょうか?だいたい渡す人はスタッフ一人に対して1000円とする人が多いようです。

 

2人なら2000円、3人なら3000円という感じですね。しかしあくまで気持ちの問題ですので自由にして構わないと思います。

 

チップや心づけはいつ渡す?

では渡すとしたらいつ渡したら良いのでしょう?やはり「引越し前」と答える人が多いようです。業者のスタッフも人間ですから、「作業の前に少し包んで頂いた」と思うと嬉しいものでしょう。もちろんそれによって作業の対応が変わるようなことはあってはいけませんが。

 

「皆さんのお昼代に」とか「飲み物でも買って下さい」と責任者まとめて渡す方が多いようです。出来ればスタッフ全員の前で渡した方が良いでしょう。少ないとは思いますが、中には責任者が一人で着服してしまうこともあるかもしれませんので・・・。

 

引越し業者へのお昼や飲み物はどうする?

チップや心づけといったお金を渡さないまでも、お昼ごはんや飲み物の心配はありますよね。特に作業内容がキツい時や、真夏や雨や雪といった悪天候の中作業してもらう場合には気を使いますよね。

 

一番多いのは飲み物をふるまうことのようです。お茶やスポーツドリンク、コーヒーなどが定番でしょう。この程度は引越し業者でなくても普通にする行為ですよね。

 

もちろん先にチップや心づけを渡しているのなら、それ以後は気にすることはありませんよ。ただし「私は決められた料金以外一切払いません!何も出しません!」という人も多いです。

 

もちろん引越し業者もそれでやる気をなくすようなことはありませんので、あくまでも自分の気持ちしだいといった考えで良いでしょう。