夜の引越しの注意点

夜に引っ越す

都合によっては夜に引越しを行わなければならない場合もあるかもしれません。
昔は「夜に引っ越すのは縁起が悪い」とか「夜の引越しは夜逃げ」のような考え方もありましたが、現代ではそういった古い概念よりも自分の都合が最優先で良いと思います。
仕事などの都合で夜型の生活の人もいるでしょう。
無理に引越しの時だけ早起きするのも大きな負担になります。
自由な時間に引越しして良いのです。
しかし、通常の昼間の引越し以上に注意すべき点がありますので、充分検討しておきましょう。

 

夜の注意点

荷物を運ぶのにはどうしても音が出ます。
新居の近隣にはもちろんですが、旧居の近隣の人にも迷惑がかかることがあるでしょう。
出来れば事前に夜間の荷物の搬出・搬入を告げておいた方が良いでしょう。
特に新居で断りもなく夜間にガタゴトやっていては、今後の近所関係に響いてきます。
もちろん旧居なら良いという訳ではありません。
マナーの問題ですので充分注意しましょう。
22時以降の騒音は通報の対象にもなってしまいますよ。
事前に告げておくことで「夜逃げじゃないの?」といった要らぬ偏見をまぬがれることにもなります。

 

また、自分で荷物を運ぶ場合には充分な注意が必要です。
単純に夜は暗いです。
足元が良く見えないこともあります。
夜の荷運びは慎重に行うようにしましょう。

 

新居の通電の確認は必須です。
必ず入居日には電気が通っていることを確認しておきましょう。
また、照明器具を自分で付けなければならない場合には、懐中電灯などとともに照明器具を真っ先に運び入れるようにしましょう。
暗い中であたふたすることは避けたいものです。

 

夜の引越しは別プラン

たいていの引越し業者は昼間の時間帯をメインに営業しています。
繁忙期などで時間がズレてしまうこともありますが、基本的には22時前には終わるようにしているでしょう。
しかしどうしても夜間や深夜に引越ししたい場合には、専用のプランのある業者を探しましょう。
夜間プランですとなるべく静かに運搬することに長けたスタッフがいたり、夜ならではの対応に慣れています。
多少料金が高くなるかもしれませんが、安全に引越しすることが第一なのです。

 

夜の引越しの挨拶について

通常の引越しでは特に単身者の場合は近隣に挨拶することもないかもしれません。
しかし夜に引っ越すのであれば引越し前に挨拶しておく方が良いでしょう。
不要なトラブルや詮索を避けることにもなります。
当日に挨拶するなら遅くても21時前までに済ませましょう。