引越しトラブルの実例と予防策

引越しのトラブル

引越しにまつわるトラブルが多いです。ただでさえ生活の変化する大きな転機です。失敗しないように備えたいものです。

 

引越し業者とのトラブル

・荷物の破損
やはり多いのが運搬時の荷物の破損です。
特に思い入れのある品物や買ったばかりの物が壊されてしまうとショックが大きいですよね。
中には熱帯魚を入れた水槽を壊されてしまい、中にいた魚たちが全滅してしまったという実例もあります。
評判の良い引越し業者は荷物の扱いも丁寧です。
当然破損事故も少ないですし、もしあった場合の対応も誠実です。
事前に口コミなどで評判を集めたり、担当者の態度などをチェックして複数の業者から選ぶようにしましょう。
引越し当日も業者に全部お任せであっても、作業内容はあなた自身が監督するようにしましょう。

 

・建物へのダメージ
引越しでは重い荷物や大きい荷物を出し入れすることになります。
時には業者の運搬によって柱や壁、床といった建物自体にダメージを与えてしまうことがあります。
賃貸などであれば不動産屋にはあなたが弁償することになってしまいます。
業者の搬出や搬入方法にも目を光らせておきましょう。
基本的にトラブルの少ない業者は準備も完璧に行います。
搬出や搬入時のダメージを防ぐための養生などがチェックポイントになるでしょう。

 

・見積りとの金額差
見積りと実際の引越し時の荷物量が違うなどで追加料金が発生することがあります。
これは一概に業者のせいだけとは言えず、見積り時に条件を告げていなかったなどのケースもあります。
たいていが引越し当日に発覚するため、他に頼む訳にもいかずそのまま払うことになってしまいます。
こういった状況を防ぐためにも見積りはしっかりとやってもらいましょう。
例えばよくあるのが部屋の中の荷物で見積りしてもらっておきながら、当日になって外にある自転車も一緒に運んで欲しいなどと言い出すことです。
いくらプロの見積りであっても後出しのものまで予測出来ませんよね。
見積もり時には運ぶものを全て、出来るだけ詳細に見積もってもらうことが大切ですよ。

 

不動産屋・管理会社・大家とのトラブル

・退去時のトラブル
退去時にトラブルとなるのが部屋の補修にかかる金額のことです。
通常に生活している分でのダメージはともかく、目立つキズや破損といったところは私たちが負担する場合が多いです。
戻ってくる敷金にも影響してきますよね。
なるべくトラブルを避けるためにも、入居時に現状の写真を撮っておくことが有効になってきます。
出来れば管理側と一緒に確認しながら写真を撮り、一覧にしたものをそれぞれが保管すれば完璧でしょう。
引越しの際の新居でも注意したいところです。

 

・契約期間のトラブル
賃貸契約の場合、退去する場合にはいつまでに知らせなければいけないということが決められていると思います。
直前になって「いついつに退去します」では次の借り手を探すのにも困ってしまいます。
賃貸契約書を確認し、必ず期日前に退去することを告げるようにしましょう。

 

近隣住人とのトラブル

・退去時の注意
もう引っ越すからといって迷惑をかけて良い訳がありません。
特に廃棄物を指定日以外に出すようなことは辞めましょう。
また引越し前は早い段階から不要品の整理をし、こまめなゴミ出しを実行しましょう。
指定日であっても大量のゴミ出しは迷惑な行為となります。
立つ鳥跡を濁さずの精神を忘れないようにしましょう。

 

・新居での注意
土地によっての決まり事など思いもしない注意点があったりします。
マンションなどであれば管理人や大家などに聞いておきましょう。
また、ペットや赤ちゃん、小さな子どもがいる家庭ならば、近隣への挨拶時にひとこと断っておくと大分心証が変わりますよ。