頭痛の原因は引越し!?ストレスに注意!

引越しのせいで頭痛が始まった!?

「引越しストレス」という言葉をご存知でしょうか?
人間は環境の変化によって身体に影響がありますよね。

 

引越しというのは生活環境が一気に変わるタイミングであるため、ストレスを受ける量も多くなるのです。
引越しストレスが酷い人は、そのまま「引越しうつ病」へと発展することもあります。

 

引越しストレスの怖いところは、本人に自覚症状がない場合があるという面です。
「何となくだるい」「何故か頭痛が治まらない」
こんな症状が出たら引越しストレスが原因かもしれませんよ。

 

引越しストレスを軽減させる方法

それでも引越しはしなければなりませんから、少しでもストレスを減らす方法を考えてみましょう。

 

○おまかせしてしまう
引越しの準備荷造りは大変な作業です。
ましてや働きながら引越しの準備をするのは重労働です。
人間はあまりに働き過ぎると死んでしまうこともある生き物です。
適度な休息は絶対に必要なのです。
そこで検討してみたいのが、引越し自体は業者に全ておかませしてしまう方法です。
最近では荷造りから荷解きまで全て請け負ってくれるプランが一般的です。
あなたは普段の生活をしているままで、新しい家へ移動するだけでいいのです。
一番ストレスの少ない引越し方法ではないでしょうか。

 

○新居には少しずつ慣れる
新しい家や部屋、新しい土地に移ったからといって、すぐに今までと同じような生活をしなければと焦ってはいけません。
環境に慣れるには時間がかかるものです。
引っ越したその日に完璧に荷解きをする必要はないです。
少しずつ片付けていいんだと自分に言い聞かせましょう。
地域の人との付き合いも同じです。
人間関係は急に築かれるものではありません。
ゆっくりと自分のペースで進めることが大切です。

 

○休息日を作る
特に荷物の片付けや家具の配置などで引越し後は慌ただしくなることでしょう。
やることは沢山あるでしょうが、休む時は休まなければなりません。
全く何もしない休息日を作ることは、気持ちの面でも大切です。
休むことによって作業の効率もあがりますよ。
”ローマは一日にして成らず”なのです。

 

子どもの引越しストレスについて

特に小さなお子さんは環境の変化が大きな負担となります。
感受性の強い子などは「引越してもちゃんとしなきゃ」といった気持ちが働き、自分で大きな不安やストレスを抱えていても無意識に隠してしまうこともあります。
親御さんがしっかりと寄り添うことを意識的にしてあげましょう。
「引越したから落ち着かないよね」といった、不安感を認めてあげることも大切なのです。