引越しと住所変更

引越しが決まったら確実に済ませていきたいのが、 住所変更ですよね。 様々な手続きが必要になりますので、 変更し忘れのないようにしましょう。

 

市区町村への届出

窓口での手続き

転出する市区町村の役所へ行き、転出証明書を交付してもらいます。
その後、転入先の役所へ提出します。
転出後14日以内と決まっていますので注意しましょう。

 

郵送での手続き

郵送で手続きすることも可能です。役所に問い合わせてみましょう。
時間に余裕を持って行動しましょう。

住民基本台帳カードを使う
住民基本台帳カードをお持ちであれば、 郵送で転出の届けをして、転入先の役所でカードを提出すれば、 手続きを完了することも出来ます。

 

国民健康保険

市区町村ごとの管轄になりますので、 他の市区町村に移る場合は一旦保険証を返納し、 新たな市区町村で交付を申請します。 印鑑・転出証明書などが必要になります。 引越しから14日以内に済ませましょう。

 

国民年金

転出先の役所で住所変更の手続きをします。

 

印鑑登録の廃止

転出届を出すと自動的に抹消されます。
印鑑登録証は返納になります。

 

電気・ガス・水道・電話

現在利用している各会社に電話もしくはインターネットで申し込みます。
引越し日が決まったら早めに済ませておきましょう。

 

プロバイダーへの連絡

電話の移設手続きが済んだら、ご利用のプロバイダーに連絡しましょう。
新居での現状も聞かれると思いますので、予め調べておきましょう。

 

その他の手続き

銀行・郵便局・クレジットカード会社への住所変更も忘れずに。
引越し後でも可能ですが、早めに済ませましょう。